Coleopterological Society of Japan

English page


概要・会則society Information

日本甲虫学会の沿革History
日本甲虫学会の構成 Officials

日本甲虫学会の沿革History

 (旧)日本甲虫学会の歴史は,終戦の1945年に創立された「近畿甲虫同好会」に始まり,翌年に同好会誌1号が発刊されました。1948年に大阪を中心に設立された「虫の友の会」が「昆虫学評論」を創刊,やがて1950年にこの2つの会は合同し,会名を「近畿甲虫同好会」,機関誌名を「昆虫学評論」として再発足します.会名が「日本甲虫学会」に改められたのが1960年のことです.
 一方,日本鞘翅学会は,1954年に設立された甲虫談話会と、1973年に設立された日本鞘翅目学会が1989年に合同し,会名を「日本鞘翅学会」に改めました.
 日本甲虫学会は,(旧)日本甲虫学会と日本鞘翅学会とが2010年に合併した,甲虫学に関連する科学の振興を図ることを目的とする団体です.

日本甲虫学会の構成 Officials

日本甲虫学会 役員
(2019~20年度)
会長
大原昌宏
副会長
奥田好秀、野村周平
欧文誌
編集委員会
委員長吉武 啓
編集幹事大原昌宏(副編集委員長)、古川恒太、
丸山宗利、山迫淳介
委員安藤清志、小林憲生、小島弘昭、近 雅博、
土岐和多瑠、鶴 智之、新里達也
和文誌
編集委員会
委員長保科英人
委員奥島雄一、谷角素彦、蓑島悠介、吉富博之、渡部晃平
選挙管理
委員会
委員長久保田耕平
委員岩田隆太郎、野津 裕
自然保護
委員会
委員長荒谷邦雄
委員岸本年郎(副委員長)、乙部 宏、苅部治紀、
北野 忠、斎藤秀生、永幡嘉之、西原昇吾、
林 成多、保科英人、堀 繁久、丸山宗利
将来問題
検討委員会
委員長細谷忠嗣
委員奥島雄一、河上康子、丸山宗利、吉武 啓
会計監査委員細川浩司,戸田尚希
評議員(28名)荒谷邦雄、安藤清志、伊藤 昇、岩田隆太郎、
奥島雄一、奥田好秀、岸本年郎、日下部良康、
久保田耕平、小島弘昭、斉藤明子、斎藤修司、
澤田義弘、初宿成彦、鈴木 亙、高橋和弘、
谷角素彦、生川展行、新里達也、野村周平、
長谷川道明、林 成多、久松定智、保科英人、
堀 繁久、蓑島悠介、山迫淳介、吉富博之
日本甲虫学会 運営幹事
庶務幹事岸本年郎,蓑島悠介
会計幹事 長谷川道明
例会幹事日下部良康(調査観察会)、野村周平(東京)、
生川展行(名古屋)、澤田義弘(大阪)
ホームページ管理幹事初宿成彦
渉外・図書管理幹事林 靖彦

日本甲虫学会会則Society Regulations

こちらをクリック

日本甲虫学会の活動 Activity

日本甲虫学会は,甲虫学の発展と甲虫研究者および愛好者の交流を目的として,機関誌(欧文誌・和文誌等)の発行,年次大会(総会を含む),地方例会(東京・名古屋・大阪)および調査観察例会を開催しています.また,自然保護委員会では甲虫類に関わる保全活動を行っています.これら学会活動に関する情報はすべて,本ホームページで閲覧することができます.

機関誌は,欧文誌「Elytra, New Series」が年2回,和文誌「さやばね ニューシリーズ」が年4回発行されています.このうち欧文誌は,原著論文のみの掲載となりますが,和文誌は原著論文以外にも,分類群の解説,研究方法の紹介,採集紀行,短報などを掲載し,幅広い会員層の要望に応える誌面作りを行っています.また,不定期刊行物として,特別報告や地方甲虫誌なども随時発行しています.学会の機関誌等のバックナンバーについては,「昆虫文献六本脚kawamo.co.jp/roppon-ashi/」より委託販売をしておりますので,そちらをご利用ください.
 また当会の出版物は過去5年分を除いて、PDFにて公開する作業を進めていますので、ご利用ください(こちら)。

学会行事のうち,年次大会は年1回,調査観察会は年1回,地方例会はそれぞれ東京例会(3回),名古屋例会(2回)および大阪例会(3回)となり,合計すると年10回の行事開催となります.会員はいずれの行事にも参加することができますし,非会員であっても,地方例会や採集例会に参加することが可能です.甲虫に興味のある方はぜひとも例会にお越しください.

なお,自然保護委員会ほかの委員会活動については,「各委員会からのお知らせ」をご覧ください.